S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

FC2カウンター

ついったー

Tenco!

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プロフィール

シーアーチャー

Author:シーアーチャー
千葉県のYPです。
社会人です。
エロゲーと遊戯王と
漫画が好きです。
淫夢要素はありません。

【実績】
第3回KCS3位(征竜)
第1回レイピーCS準優勝(征竜)
第4回ごゆるりCS準優勝(マドルチェ)
ブレイブCS3位(マドルチェ)
第2回PCS優勝(白黒シャドール)
田無CS3位(光天使HERO)
第3回みちのくCS優勝(光天使HERO)
第14回愛知CS優勝(影霊衣)
第4回渋谷CS3位(影霊衣)
第21回愛知CS準優勝(帝)
第3回足立CS優勝 (帝)
いがえみCS優勝(EMEm竜剣士)
第8回足立CSベスト4(帝)
第4回土浦CS準優勝(EM竜剣士)
エスポワールゲーム準優勝(EM竜剣士)
第2回北関東CSベスト4(帝)
かみふく杯準優勝(帝)
第13回足立CS準優勝(帝)
第14回足立cs3位(帝)
第10回渋谷CSベスト4(帝)
InvitationMatch TURN-1準優勝(DD)
第5回暁杯優勝(DD)
第4回エスポワールゲームベスト4(DD)
第5回バヤCS優勝(DD)
カードゲームエキスポCS準優勝(DD)
第2回JGPf優勝(DD)
CKCS優勝(ABC)
ホビステ蘇我CSベスト4(十二真竜)
2016年選考会出場

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

11eyes-Resona Forma-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキ解説】帝[2016/4/7]

お久しぶりです。


EMEm、EM竜剣士と言う最強最悪のクソデッキがようやく消滅して新環境が始りましたね!


環境テーマもいい具合にばらけててすべてのデッキに勝つ可能性が有り本当に良環境だと思います。


今期も毎度の事ながら帝を使用してます。


汎神と領域がかかり流石に死んだかなと思いましたが90さんからレシピを頂き回したところ弱いどころか最強じゃないかと言うほどのパワーがあり個人的な思い入れもあった為手に取ることにしました。


3週連続で入賞できていることもあり、ある程度考えがまとまったので記事に起こそうかと。


追記から


汎神と領域と言う帝王3大パワーカードの内の2つをもがれ準初動の要でもあった緊急テレポートまでも規制がかかり回るのかどうかと疑問が残ったのが触る前の感想でした。


しかし実際触ってみると思いの外回り、エクストラデッキを今回得た為サブギミックの種類や新しい勝ち筋も増え安定度は前期を上回る勢いでした。


さらに前期は列旋アイテールをイグニスタやアザトートで踏まされる場面が多々ありましたがEM弱体化に伴って無理やり出すアイテールがなくなりました。


その為、前期以上にアイテールのパワーが高く列旋アイテールを超えるのが今期はとても困難になってます。


まあそんな帝が弱いわけもなく精霊竜やベアトリーチェを列旋一枚で乗り越えることができ、後手も以前のようなショックルーラーやタイタニックギャラクシーなど出るだけで畳まざるを得ないモンスターもいない為上位2つのデッキに分があります。


またまた長ったらしく書きますがお付き合いくださいw



◇使用レシピ


北関東CS

1回戦:EM○○
2回戦:チェーンバーン○××
3回戦:聖刻○×○
4回戦:サイコロ
5回戦:シード
6回戦:聖刻○○
準決:幻影彼岸○××
3決:ノイド○×ー

3-2-3
ベスト4




かみふく杯

1回戦:ヴェルズ○○
2回戦:クリフォ○○
3回戦:青眼○×ー
4回戦:分け
決1:彼岸○××
決2:青眼○×○
準決:HERO×○○
決勝:彼岸×○×

4-2-2
2位





足立CS

1回戦:クリフォ○○
2回戦:EM○×○
3回戦:彼岸○○
4回戦:DD○×○
5回戦:青眼××
6回戦:EM×○○
7回戦:クリフォ○○
準決:彼岸○×○
決勝:彼岸○××

7-2
2位




【モンスター】20
天帝従騎イデア 3
ジェムナイト・ラズリー 2
冥帝従騎エイドス 2
SRベイゴマックス 3
SRタケトンボーグ 1
光帝クライス 3
メタファイズ・アームド・ドラゴン 1
冥帝エレボス 2
天帝アーイキソ 3
【魔法】17
汎神の帝王 1
帝王の深怨 3
帝王の烈旋 3
帝王の開岩 3
ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! アント・フュージョン 3
ハーピィの羽根帚 1
帝王の凍気 1
ツインツイスター 1
真帝王領域 1
【罠】3
真源の帝王 2
連撃の帝王 1
【エクストラ】15
ジェムナイト・セラフィ 2
超量機獣グランパルス 1
幻影騎士団ブレイクソード 1
トーテムバード 1
No.20 蟻岩土ブリリアント 1
セイクリッド・プレアデス 1
アーティファクト-デュランダル 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
No.19 フリーザードン 1
終焉の守護者アドレウス 1
電子光虫-コアベージ 1
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー 1
迅雷の騎士ガイアドラグーン 1
CX 熱血指導神アルティメットレーナー 1

【サイドデッキ】
エフェクト・ヴェーラー 2
増殖するG 2
A・O・J サイクルリーダー 2
エキセントリック・デーモン 1
怨邪帝ガイウス 1
ツインツイスター 2
エクシーズ・ユニバース 3
神の宣告 1
神の警告 1





◇デッキ解説



天帝従騎イデア 3
冥帝従騎エイドス 2
光帝クライス 3
冥帝エレボス 2
天帝アイテール 3
汎神の帝王 1
帝王の深怨 3
帝王の烈旋 3
帝王の開岩 3
真帝王領域 1
真源の帝王 2
連撃の帝王 1


固定枠です。


帝の動きに必用な最低限の枚数だと思います。(彼岸帝を除く)


以前と違うところは、真源の帝王、イデアエイドスの枚数、そして開眼の増量ですね。


超量帝の時点から固定枠はこの辺なのですが超量帝の時は記事に起こさなかったのでこの辺から書いていこうと思います。



《天帝従騎イデア》
帝最強の初動カードですね。パワーの高さは説明不要だと思いますが採用枚数等に関して解説します。


以前はヴェーラーの踏みどころでしたが、青眼での採用枚数は少ないですし青眼以外からヴェーラーは振ってこないのでバンバン通ります。


イデアエイドス初動の帝がスタートするとアドバンテージで一気に優位に立て、次のターンデュアルサモンでゲームエンドまで行けます。


僕は今期ヴェーラー飛んでこないので入れ得だと思ってますが、彼岸帝のようなメインギミックと噛み合ってないデッキの場合は採用を見送ってもいいと思います。


今回ブリリアントフュージョンを採用していることもありデッキ融合の玉切れの可能性もあるのでそれも兼ねて多めに採用しました。



《帝王の開岩》
召還をトリガーに帝をサーチするカードです。


以前はこのカードが嫌いでしたが、超量帝から格段にパワーアップしてかなり好きになりました。


今期は汎神が一枚のためこのカードで後続を確保しつつ戦うので尚更重要になっています。


以前は初手に来ても使いづらさが目立ちましたがブリリアントギミックのおかげで一枚で起動できるため以前のような使いづらさは目立ちません。


さらに今期召還をトリガーに起動する罠が減ったので比較的後手でも打ちやすくなり通告もケアもできて後手でも充分に強いです。


初動、通告のケアもできなおかつ回った後はエレボスアイテールで埋めれば墓地リソースになり引かなくなるので初動以外で引くようなことも少なくかなり優秀な為3積み確定だと思いました。


《帝王の凍気》
ジャンプフェスタのPPで発売された伏せカードを破壊する帝王カードです。


回ったら勝ちなのに回ったあと落として強いのか?とよく言われるカードですが個人的には入れたいカードです。


「回ったら勝ち」と言われますが思いの外皆さんが思うほど勝ちという訳でもありません。


回ったあとでもマジェスペクターテンペスト、幻影霧剣、神の通告と言ったカードでこちら側の展開を阻害され負ける場面が多く帝出した後でも相手が全体除去等でこちらのフィールドがガラ空きになると伏せカードから捲られたりします。


そういう場面でこのカードが墓地に落ちるだけで返すカード+バック2枚という条件が付きこのカードが落ちるだけで罠デッキ相手はほぼゲームセットに近い場が完成するのでこのカード有りきの「回ったら勝ち」だと思います。


また、今期は後手でもそれなりに強く帝に幻影霧剣を食らった場合深淵でサーチして他の罠を剥がし次のターンのアイテールを安全に通すことができます。


幻影霧剣なら効果は止まれど開眼のサーチは使える為このような状況もそれなりに起きました。



《真帝王領域》
エクストラを得て封殺効果がなくなりましたが、それでも尚このカードは帝のパワーカードと言えると思います。



サーチできる生け贄軽減という面で初動でサーチしても強く、今期は青眼やEMのような攻守3000以上のカードが多く並ぶ環境なので帝の打点アップ効果で盤面の解決にもなります。


《真源の帝王》
以前は3積みでしたが汎神が減った影響もあり引くとあまり強くないので2枚でいいと思いました。


あと以前はデッキの帝王カード=リソースでしたが今期は墓地と除外ゾーンの帝王カードがリソースになっているのでこのカードを以前のように1枚だけ残すと言うこともしなくなりました。


以前は途中で真源を拾いリソース回復→帝召還が鉄板でしたが、今回サブギミックを採用する際にエクストラデッキを得たので中盤から5エクシーズで攻めたり制圧に行きます。


その為以前のようにデッキに帝王リソースは残さずデッキからどんどん帝王を落として行きます。


落とす優先順位としては汎神>真源>真源2枚目>凍気>開眼といった感じに落として行きます。


他はいらないと思ったら落とすくらいで良いと思います。


後述しますが今期のゲームプランは序盤は列旋アイテールで妨害しながら攻め込み後半は場の帝と真源からの5エクシーズで制圧かワンキルを仕掛けに行くのでなるべく帝王カードは早めに落として殺しにいける準備をしましょう。



《冥帝エレボス》
以前はこのカードも3積みしていましたが、エクストラが入った影響で真帝王領域のロックが成立せずデッキバウンス効果があまり強く無い上、被って引くと死ぬほど弱い為2枚採用。



誘惑や彼岸を入れた場合変わるとは思いますがブリリアント帝はメタファイズが有るの1~2枚の採用でも十分に機能すると思います。



《天帝アイテール》
説明不要のパワーカードだと思います。


《光帝クライス》
前回の記事に書きましたが3積み確定のカードです。


除去、デッキ回転、開眼のトリガーで初動にもなる万能カードですね。


今期は引いて強いカードも少ないので除去効果もビクビクせずに使います。


3確なのは前も書きましたが初動で強いのとデッキが回転するうちに引くんで減れば減るほど除去運用ができなくなる為です。



◆サブギミックについて




今期帝を使用するに当たってサブギミックがかなり重要となっています。

汎神を奪われ、帝のみで動かすのは難しくどこかしらでサブウェポンに頼らなくてはなりません。

今期初めから超量、ガーベージ、SR、ブリリアントと多種多様なサブウェポンを構築に取り入れました。

各テーマを混ぜた感想や理由、やめた理由辺りを書いて行こうと思います。


【超量ギミック】

レッド3、ブルー2、緊テレ、マグナキャリア

前期使用されたギミックですね。

緊急テレポートが強いという印象が多いですがレッドレイヤーだけでも帝と相性が良く緊テレ1でも十分に機能しました。

上級も真源と同じレベル5の為5エクシーズを狙いやすい点もシナジーしてます。

今回マグナキャリアを得たお陰でブルーの素引きも気にならなくなりマグナキャリアからのグランパルスで相手の伏せカードやスケールを荒らしたりレッドレイヤーをマグナライガーにして相手ターン中に妨害として運用するなど器用に動くことができます。

サブギミックのみで初動として完結するので帝がなくても超量の動きだけで取れたゲームもありパワーの高さも申し分なかったです。

90さんからレシピを貰い北関東杯でブリリアント帝と混合させたタイプを使用しましたがエクストラデッキがパンクしたりサイドチェンジが難しく感じたので序盤の色んなデッキがいる中では不向きだと思いやめました。



【ガーベージ+闇の誘惑】

ガーベージ3、誘惑3

ガーベージロードを開眼のトリガーとして採用したタイプです。

ガーベージロードが闇属性であり、帝自体も闇属性が多く手札で浮きやすいモンスターが多いので誘惑との相性も抜群でした。

動きはこのデッキが一番普通の帝の動きをしていると思います。

使いにくさとライフが重いのが気になりますが、ガーベージと真源でアドレウスやシャークフォートレスを出すことができ前者は生け贄封じの解答にもなっているので他のサブギミックより使い勝手の悪さは目立ちますがゴミになるカードが無いので安定感はある印象でした。

さらにガーベージはレッドレイヤーと違い場にモンスターが居ても使える為追撃でのエクシーズやシンクロが行える為他には無い持ち味があります。

かみふく杯ではふゆさくらを採用していた為汎神から帝にアクセスできずともガーベージとさくらでシンクロしPSYフレームロードΩを出すことで準初動として扱うことができます。

スクラップで生け贄封じ、スカーライトで全体除去も行えます。

他のサブギミックよりエクストラに余裕があるのでシンクロ召喚絡みの動きもこのデッキの強みだと思いました。

やめた理由としては事故のリスクと動きのリターンがブリリアントギミックと比較した際こちらの方が見劣りした為です。


【SR】

ベイゴマ3 、トンボ

サブギミックの中では一番枚数が少なく比較的どのタイプでも混ぜやすいと思います。

生贄の確保はもちろんの事生け贄封じやバックに対しての解答、ブレイキソードやコアベージで前の除去、ブリリアントで打点の底上げ、以上の役割が無ければトーテムで制圧など帝の手の届かない所をこのカードが引き受けてくれます。

彼岸のベイゴマと違い1回目を使った後でも生け贄の役割が残るので中盤以降引いてもそれなりに機能します。

足立から採用しましたが調整中採用した途端安定度がぐっと上がり後手で返す能力もかなり上がった印象でした。


【彼岸】

ガイド、スカラ、ファーファ、グラバー3、ガトル3

サブギミックの中で一番枠を取る構築だと思います。

SRの役割をこいつらでも行う事ができサブギミックのみで引いても彼岸の動きだけでそれなりに戦えるのが魅力的ですね。

さらにダンテの効果でエレボスがカードが落ちると途中から帝の動きに乗り換える事もできます。

この構築の売りは準初動含めた安定度の高さで事故に関しては一番起きにくいと思います。

一度触りましたが彼岸の知識が無いと回せないと思ったのとメインGの増加、EMのユニコーンやミラーが辛い印象で触ってすぐにやめてしまいました。


【ブリリアント】

ブリリアント3、メタファイズアームド(またはジャックスナイト)、ラズリー2

一番パワーが高くブリリアント1枚で上級の供給、下級の供給、5エクシーズに加え召喚権を増やすと言う前期の超量以上の動きができます。

メタファイズなら深淵のトリガーになりジャックスなら召喚権を使用せず開眼の起動が可能です。

一度初動が成立した後に引いてもイデアを落とし帝王を拾い増えた召喚権と組み合わせて大量展開が行えたりとカードパワーが恐ろしく高い反面デッキにゴミを2~3入れなくてはいけない為ハイリスクハイリターンと言ったところでしょうか。

さらにブリリアントから召喚されるセラフィは召喚権が増えるだけではなく5エクシーズも狙えるので帝の動きと何から何まで噛み合います。

他のサブギミックと違う点は列旋を打つと使えなくなる点なのでその辺は十分に注意しましょう。

北関東の後にやめた理由は、環境が定まらずサイドチェンジの枠が限られる構築なので広く見れる構築にする為ガーベージにしました。

その後環境も固まりメインコアドラも環境にちらほらいると言う話を聴きパワーでブリリアントに勝るサブウェポンが無いのでブリリアントに戻しました。

ちなみにジャックスとメタファイズは構築的に深淵のトリガーが少ないと感じればメタファイズ、開眼のトリガーが少ないと感じればジャックスでいいと思います。

足立ではブリリアントに加えSRを搭載した為下級の供給に困ることは無いのでメタファイズにしました。



◆サイドデッキ

《エフェクト・ヴェーラー》

ミラーと影霊衣やHEROに入れます。特に影霊衣がキツくフリーでぼろ負けした為序盤はかなり意識したサイドにしましたが幻影や青眼の構築が研ぎ澄まされてく中で落ち目になった印象なので今回はスルーしてミラー用に2枚採用しました。

《増殖するG》

青眼、彼岸、ヒーロー、彼岸帝、DDに入れます。

チェーンに乗らない召喚が多いことや命削りデッキが台頭していた為途中で抜きましたが彼岸や青眼に蘇生札や展開補助カードが増量した事もあってかなり効果が出るようになり採用しました。

地味にミラーでも強く準初動に刺さります。

彼岸帝はこのカードがかなり辛いのでサイドから入れるのは十分にありです。


《A・O・J サイクルリーダー》

青眼とAF系統に入れます。

青眼とは相性が良く負け筋が事故か蘇生札のゴリ押しなのでそこに重点を置きました。

最初はDDクロウも入れてましたが太古がおまけで吹っ飛ぶだけで致命傷になるのでこちらを優先。

ブリリアント帝はサイドチェンジできる枚数が少ないので多少尖っていても少ない枚数で大ダメージが入るカードを優先しました。


《エキセントリック・デーモン》

バック破壊はもちろんのことステータスが家臣と同じ為イデアで呼び出す事ができます。

前で厄介なモンスターが居るデッキにはかなり強力でヒーローやEMからダークロウやタイタニックを蹴散らせます。


《怨邪帝ガイウス》

ガーベージではメインでしたが枠の関係上サイドに起きました。

元から先行で引いて強いカードでも無いのでこちらでも問題無いと思います。


《ツインツイスター》

説明必要かわかりませんがバックに触る用です。

サイクじゃない理由としては、手札を切るカードが帝は相性が良いのでツイツイにしてます。


《エクシーズ・ユニバース》

幻影彼岸に対してとても強力で効果使った後は生け贄にできる優れものです。

ただ最近めっちゃケアされるのでやめようか悩んでます(⌒-⌒; )


《神の宣告 神の警告》

ミラーとEM用です。通告と変えた理由は開眼からケアされたあと凍気で抜かれる事が多いのでこちらを優先。

影霊衣は割り切りました。


◆エクストラデッキ


《ジェムナイト・セラフィ》
サブギミックの所で書きましたが5エクと二重召喚と帝と相性最高のカードですね。

2枚採用の理由は2枚目以降のブリリアントが腐るのは辛いのとラズリー引いてもデュランダルで戻して打てる場面があるので入れ得だと思います。

《超量機獣グランパルス》
ベイゴマ用で入れました。

超量が絡むと相手ターンも使え強力ですがブリリアントなので生け贄になるサイクロンくらいの感覚です。


《幻影騎士団ブレイクソード》
前に触れるのとバックに触る状況でも真源を割りたい場合こいつで破壊する事もよく有ります。

《トーテムバード》
先行で回るハンドでベイゴマが浮いた時こいつを出して制圧しに行きます。

上振れハンド専用ですがトーテム列旋手札にアイテールみたいなハンドになると完封勝ちができたりできます。

正直枠がないなら抜いても良い枠だとは思います。

《No.20 蟻岩土ブリリアント》
コアベージの踏み台にするのも良いですが青眼相手で地味に役立ちます。

ブリリアントで打点を上げることで帝の打点が3100と青眼の打点にボーダーを綺麗に超えれます。

ワンキルする際に使ったりもするのでこいつ自身もかなり優秀でした。

《セイクリッド・プレアデス》
制圧要員1です。説明不要のパワーカードだと思います。

《アーティファクト-デュランダル》
制圧要員2です。プレアデスほどの拘束力は有りませんが列旋アイテールで消耗しきった相手にデュランダルが出るだけでも相当キツイです。

あとラズリーやトンボなど引きまくって事故ったらどうにかこいつにたどり着ければ逆転のチャンスは無限にあります。

《No.61 ヴォルカザウルス》
ワンキルやETEDで大活躍します。

ダークマターをこいつで焼くだけでそのままワンキルとか発生したりします(笑)

こいつのおかげで以前よりEDに耐性を持つことができるようになりました。


《No.19 フリーザードン》
ゼロランサーの下敷きです。

《終焉の守護者アドレウス 》
生け贄封じを破壊する用です。

ティラスじゃない理由はタイタニックギャラクシーがいるとき破壊できなくなる為です。

《電子光虫-コアベージ》

基本ファーファで飛びますが手札に2枚目のベイゴマックスがある時ファーファで場のベイゴマックスが飛ばされて手札のベイゴマックスを通常召喚すれば返せた場面がありベイゴマ自体3投の為それなりに起きそうな場面だと思い採用。

ミラーで震源飛ばせるのも地味に強かったです。

《FA-クリスタル・ゼロ・ランサー》
青眼の打点超える用とボルテックスのケアに使います。

一応場に帝がいる状態で震源2枚からゼロランサーを作りブリリアントでセラフィー出して魔法捨てると召喚権使わずにワンキルできます。

《迅雷の騎士ガイアドラグーン》
5エクに乗せます。(小学生並みの感想)

《CX 熱血指導神アルティメットレーナー》
ユニバース要員



◇基本戦術




①アイテールの確保を行う

②確保できた、もしくは持っていたら列旋アイテールでマウントを取る

③アイテールの妨害を繰り返しつつ真源の帝王を墓地に2枚落とす

④5エクシーズで一気にライフを落とす、もしくは制圧



①アイテールの確保
アイテールを確保する方法は2つ有り、開眼の起動かアイテールからアイテールを呼び出すの2パターンです。

以前アイテールにヴェーラーがポイポイ飛んできてた影響でアイテール初動を嫌う人も居ましたが今期は殆ど無いんで基本出し得なのでどんどん場に置きましょう。

よく、列旋があるから後手の方が良いのでは?という質問があるのですが後手はこの工程を決めるのがかなり面倒で青眼や幻影だと特にうまく行きません。

先手なら恐れるものは事故とヴェーラーくらい(青眼でも枚数が減ってるので実質無いような物)で後手の場合は賢士やサイレントブーツから持ってこられた無効系に精霊竜やベアトリーチェを超えて動かなくては行けません。

先行なら帝王、生贄、帝の三種で初動になりますが、上記三種に加えツイツイや箒等の伏せ除去や列旋が必要になります。

しかもこの上から列旋アイテールを構えるのは困難でこちら側が防戦状態になるので相当強い手札が要求されます。

あと最後の1ドローでどうにかなったって話をよく聞きますが事故ったら何引いてもだいたい負けますし相手の強めのハンドには対応できず一人回し4、500回してもあまり起きなかったので気のせいという結論に至りました。

その為この工程を通す為に先行を取りましょう。



②確保できた、もしくは持っていたら列旋アイテールでマウントを取る


マウントって言われるとパッとこないかもしれないですがプロレスとかで言うマウントを取ると同じ意味で相手を常に上から押さえつけてる状態を維持します。

アイテールの効果からアイテールを確保した場合阪神が落ちる為自動的に構えれます。

列旋アイテールから出す帝は、後続引っ張るならアイテールかエレボス、破壊しないといけないカードか墓地にエレボスが埋まってるか開眼が邪魔ならクライスで良いと思います。

ちなみにエレボス初動からアイテールを投げた場合アイテールからクライスでアイテールを破壊することでエレボスの効果でアイテールが回収できるようになり除去の重ね打ちと真源2枚が一気に落ちるので覚えておきましょう。


③アイテールの妨害を繰り返しつつ真源の帝王を墓地に2枚落とす


列旋アイテールや連撃エレボスから相手のボードに触りながら真源2枚、帝王2枚の状況にします。


この過程で重要なのは落とす順番です。


汎神真源は確定として次に落とすカードですが凍気真源のように落とすと真源のコストが確保できず凍気をコストにしなくては行けない場面があるのでコストが無い場合は開眼凍気もしくは開眼真源の順で落としていくと無駄なく使えます。


ただ青眼やミラーなど凍気が腐りやすいデッキには引きたくないのでさっさと落とします。


④5エクシーズで一気にライフを落とす、もしくは制圧


①~③の過程で勝ってしまう事もしばしば有りますがこの状況まで来れば後は殺しに行くだけです。


プレアデスかデュランダルで制圧する、もしくはヴォルカでワンキルします。


この状況まで行けば以前のように生け贄封じを貰ってもアドレウスで突破することができ、クリスタルゼロランサーでボルテックスやタイタニックなども返すことができます。


序盤に食らえば今回の構築でも厳しいですが中盤以降生け贄封じで止まると言うことがなくなったのは本当にありがたいですね。


仮に序盤に食らってもベイゴマックスやブリリアントで解決できるので以前に比べればだいぶマシになりました。



◇各デッキへの立ち回り


【青眼】



打点が高いですがこのデッキも列旋アイテールが直撃するのでリソース削って高打点を吐かせたらヴォルカで焼き殺しましょう。

基本蘇生札の重ね掛けをされない限り負けるような相手では無いのでサイチェン後はサイクルリーダーで後続を断ちます。

後手を取ってくる人が多いですが、先行取られた場合サイチェン後生け贄封じが入ってくる可能性があるので、ここに書くサイチェンでは羽箒とツイツイを抜いてますがそういう相手には残しておきます。



サイドチェンジ

先手
OUT
羽箒
ツイツイ
凍気
IN
サイクル2
ガイウス

後手
OUT
羽箒
ツイツイ
凍気
連撃
IN
サイクル2
G2



【彼岸】


正直一番相性悪い...と言うか先行取ったもん勝ちみたいな感じになります。

先行で回れば良いのですが安定度は彼岸の方が勝っている為こちらが一度でも事故れば基本捲れません。

作る場は基本戦術通りですが真源2枚目の前に一度凍気を絡め霧剣ループを断ち切ります。

その後連撃エレボスを構え後続を断ち5エクで落とし込むと言った感じです。


サイドチェンジ
先手
OUT
エレボス
IN
ガイウス
後手
OUT
開眼
エレボス
メタファイズ
ラズリー2
ブリリアント3
IN
ガイウス
ツイツイ2
G2
ユニバース3


【ミラー】


基本的にイデア持ってるもん勝ちです。

永続並べながら場を作って連撃エレボスでリソースを奪いましょう。


先手
OUT
羽箒
ベイゴマ3
トンボ
IN
宣告
警告
ガイウス
ヴェーラー
ツイツイ
後手
OUT
羽箒
ベイゴマ3
トンボ
IN
ヴェーラー2
ガイコツイツイ2
ガイウス


【EM】


比較的相性の良い方です。

基本打点がかなり低いので帝の打点を超えれない上にユニコーンが強くないのでかなり有利です。

基本戦術通り列旋アイテールでマウント取り続けたらエレボスでスケール戻してエクシーズで落とし込みます。


サイドチェンジ


OUT
羽箒
凍気
IN
宣告
警告

後手
OUT
開眼
連撃
羽箒
凍気
IN
ツイツイ2
G2


【クリフォート】


罠が多いですが帝に効く罠が限りなく少なくスキドレがない場合勝負にすらならないのでかなり有利だと思います。

阪神で真源を落としておけばライフが減ることも少ないですし一度でも召喚が通れば凍気をイデアで使い回して伏せを全部叩きこわせます。

ツールでドンドン追撃を増やされてもライフが減れば蓮撃やアイテールでワンチャン生まれるので場を開ける隙を見逃さず動きます。


サイドチェンジ

先手
無し

後手
OUT
開眼
エレボス
エイドス
IN
ツイツイ2
エキセントリック








とりあえず、こんな感じです。


記事自体は4/10の足立までに書き上げてたので新弾後はまたこれからって感じです。


ちなみに先日の足立csは同じ構築で3-4-1でぼろ負けだったのでまた構築を変えなきゃダメだなと実感しましたorz


主な敗因としては帝へのメタカードが想像以上に増えてて回った試合も3本落としてしまいました。


引いて腐るカードもパワーカードさえ引ければ気にならなかったのですが今回メタカード増量の影響でそうも言ってられなそうです。


質問等あればTwitterかコメント欄でお願いします。



スポンサーサイト
【デッキ解説】DDD[2016/07/17] | HOME | 構築とか調整とか

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。