FC2ブログ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

FC2カウンター

ついったー

Tenco!

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プロフィール

シーアーチャー

Author:シーアーチャー
千葉県のYPです。
社会人です。
エロゲーと遊戯王と
漫画が好きです。
淫夢要素はありません。

【実績】
第3回KCS3位(征竜)
第1回レイピーCS準優勝(征竜)
第4回ごゆるりCS準優勝(マドルチェ)
ブレイブCS3位(マドルチェ)
第2回PCS優勝(白黒シャドール)
田無CS3位(光天使HERO)
第3回みちのくCS優勝(光天使HERO)
第14回愛知CS優勝(影霊衣)
第4回渋谷CS3位(影霊衣)
第21回愛知CS準優勝(帝)
第3回足立CS優勝 (帝)
いがえみCS優勝(EMEm竜剣士)
第8回足立CSベスト4(帝)
第4回土浦CS準優勝(EM竜剣士)
エスポワールゲーム準優勝(EM竜剣士)
第2回北関東CSベスト4(帝)
かみふく杯準優勝(帝)
第13回足立CS準優勝(帝)
第14回足立cs3位(帝)
第10回渋谷CSベスト4(帝)
InvitationMatch TURN-1準優勝(DD)
第5回暁杯優勝(DD)
第4回エスポワールゲームベスト4(DD)
第5回バヤCS優勝(DD)
カードゲームエキスポCS準優勝(DD)
第2回JGPf優勝(DD)
CKCS優勝(ABC)
ホビステ蘇我CSベスト4(十二真竜)
第8回土浦CSチーム戦2位(恐竜)
2016年選考会出場

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

11eyes-Resona Forma-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影霊衣レシピと解説(ディーヴァチェイン型)

久しぶりにブログ更新。


ベスト8ばっかですが一応(⌒-⌒; )
愛知、千葉使用




愛知CS

ミラー×◯◯
征竜×◯◯
インフェルニティ×◯◯
クリフォート×◯◯
霊獣◯×◯
征竜◯◯
ミラー◯×◯
テラナイト××

7-1
ベスト8


千葉CS

シャドール◯◯
聖刻◯◯
クリフォート◯◯
ミラー××
ミラー◯◯

4-1
ベスト8


レイピー使用
【モンスター】26
エフェクト・ヴェーラー 2
深海のディーヴァ 3
海皇の重装兵 1
影霊衣の術士 シュリット 3
クラウソラスの影霊衣 2
儀式魔人リリーサー 1
ユニコールの影霊衣 1
マンジュ・ゴッド 1
センジュ・ゴッド 1
リチュア・チェイン 2
ブリューナクの影霊衣 3
ヴァルキュルスの影霊衣 3
トリシューラの影霊衣 2
ディサイシブの影霊衣 1
【魔法】16
影霊衣の降魔鏡 2
影霊衣の万華鏡 2
影霊衣の反魂術 3
サイクロン 3
ハーピィの羽根帚 1
儀式の準備 1
増援 1
ブラック・ホール 1
皆既日蝕の書 2
【罠】0
【エクストラ】15
虹光の宣告者 2
BF-星影のノートゥング 1
星態龍 1
ダイガスタ・フェニクス 1
アーマー・カッパー 1
神騎セイントレア 1
聖光の宣告者 1
ラヴァルバル・チェイン 1
励輝士 ヴェルズビュート 1
鳥銃士カステル 1
外神ナイアルラ 1
深淵に潜む者 1
恐牙狼 ダイヤウルフ 1
ガガガガンマン 1

【サイドデッキ】
エフェクト・ヴェーラー 1
電光-雪花- 2
アーティファクト-ロンギヌス 2
ツイスター 3
禁じられた聖杯 2
王宮のお触れ 2
激流葬 2
ダイヤモンド・ダスト 1


レイピーCS

メタビ◯◯
征竜◯◯
AFシャドール×◯×
ノーデン◯◯
妖仙獣◯◯

4-1
ベスト16


今回使用したディーヴァチェイン型影霊衣です。


デスガイドやマスマティシャンなどの儀式召喚のループに関与しないカードは一切入れずリリーサーへの解決は魔法に集中させ、とにかく初動のヴァルキュルスを狙うことを優先させました。




◇構築の解説


今回はヴァルキュルスの儀式召喚を優先して狙う構築をしました。

今季の影霊衣は前期のような万華鏡ユニコールやマンジュセンジュからの安定した初動や展開は期待できません。

さらに影霊衣、クリフォート、シャドール、HERO、征竜、など環境上位のデッキが多く無視し切れないカードがとても多いです。構築の関係上どうしても手札で浮いてしまうカードが存在します。

序盤のうちにヴァルキュルスをシュリットコストに降臨し手札に後続としてのブリューナク+反魂術を構え相手によって必要の無いモンスターを処理しつつ影霊衣儀式モンスターを墓地に揃えながら自分のデッキを回転させます。

一度墓地にヴァルキュルスが埋まってしまえば反魂シュリットから毎ターンアドバンテージの損出無くヴァルキュルススタートの動きが可能になり、マンジュゴッドなどをサーチを行った後にリリースすれば相手のトリシューラをケアしながら無駄無くアドが稼げます。

またヴァルキュルスで展開したい影霊衣モンスターを墓地に落とす事で次のターン反魂でそのモンスターからスタートすることも可能です。

反魂術の墓地からの儀式とヴァルキュルスによって引いた手札からの儀式を交互に行うことで相手のリソースをトリシューラやディサイシブで削りつつ自分はヴァルキュルスのドローでアドを稼ぎ出すのが理想的な動きです。

またヴァルキュルスのドロー効果はカードの処理や墓地肥やしだけではなく影霊衣モンスターのサーチ効果によってデッキが圧縮されるので、その盤面で有効なカードやパワーカードを引きやすくしてくれる利点もあります。

今回は上記の動きを目標にしていたので、デスガイドやマスマティシャンを搭載したリリーサーに向かいやすい構築にはしませんでした。

また、今回リリーサーに向かう構築にしなかった理由はそれだけではなく各自でリリーサーの解答としてマスマティペロペロや皆既日食、月の書、ブラックホール、破壊輪などの解決策を用意しておりクリフォートのような特殊召喚封じが効かないテーマの流行もあり特化させる意味は薄いと感じた為です。




◇固定枠以外の選出カード


[リチュア・チェイン]
手札に儀式が無い場合チェインで獲得を狙ったりヴァルキュルスでドローをする場合トップ操作で欲しいカードを乗せて引きます。また、ディーヴァとセットで引いた場合重曹で追加召喚できる為リリーサーソラスやワンキルを狙えるのも利点であり、他のカード違い召喚権被りも気になりません。

1800という打点にも意味があってクリフォートの妥協召喚したモンスターと相打ちが取れたりミラーでヴァルキュルスとセットで殴ることで次のターンアーク+ヴァルキュルスで相手のヴァルキュルスを無視してライフを落とし切る事が可能です。

儀式カードをめくれなかった時が厄介ですがトップ操作でキーカードを引くまでのターン数を短縮できているので最低限の仕事は行えます。

しかし中盤以降に引いた場合成功率がぐっと落ちるのでヴァルキュルスのドロー込みで序盤に引けるように2枚にしました。


[深海のディーヴァ&海皇の重装兵]
虹光による儀式サーチでマンジュセンジュに近い運用が可能です。

また、無効効果も強力で初動で出された虹光を戦闘以外でしか処理が行えない場合0:1交換が成立し先行と後攻のアドバンテージもひっくり返ります。

攻めの動きで使用する場合ミラーでのヴァルキュルスをケアしながらライフを押し切ったり、相手の罠を無視しながらの儀式召喚が可能になります。

ディーヴァの利点は虹光だけでは無く2エクシーズやトリシューラとシンクロする事で星態竜になることも可能で重装兵使用後の選択肢も複数あり柔軟に使えるカードでした。


[皆既日食の書]
最初はマスマティシャンや破壊輪などでリリーサーの突破を考えてましたが、リリーサーに行くまでの消費カードは2枚で残りの手札3~4枚の中にトリシューラやヴェーラーを構えられている可能性は充分にありデッキから外しました。

その上除去の解答や除去された後の後続を持たずにリリーサーを狙う状況も限られているので調整でリリーサーを決められた時は大体除去の解答を持たれてる印象でした。

突破が難しいからと言って決められた場合負けに繋がりやすく無視もできないので解決策としてメイン採用しました。

ドロー効果が気になりましたが想像以上に使い勝手が良く、リリーサーの解答以外でもシステムモンスターの対処やスキルドレインやヴェーラーなどのカードをかわす事で無理やりトリシューラを決めたりセンジュゴッドやマンジュゴッドが生き残った場合擬似的なブリューナクとしても使用できて思わぬところで噛み合いがありました。

しかしレイピーCSでサイドデッキの虚無空間やダイヤモンドダストなどの裏モンスターを倒す為のこちらも展開を止めるカードが増えていたので今後続投するかは考え中です。


[サイクロン3]
調整段階でクリフォートやシャドールやヴェルズなどのデッキ相手で影霊衣を意識してメインから永続で戦うプランを取っている構築へ勝率が明らかに悪かったので採用しました。

特にクリフォートのスキルドレインが通ってしまうとこちらのデッキのモンスターのほとんどが機能しなくなり相手側は毎ターン2400以上のモンスターを安定供給して来るのでタコ殴りにされてゲームセットです。

ミラーで腐るのが難点ですが、クリフォート以外にもシャドールの手違いやHERO征竜ヴェルズの虚無空間などメインからの永続カードが流行している点と環境で使用率の多い順で1位クリフォート3位シャドールの現状を踏まえて3枚採用。

今後さらに永続系のメタが流行した場合マスマティシャン+ペロペロケルペロスの採用も選択肢に入れて考えようと思ってます。


[エフェクトヴェーラー2]
このデッキ唯一の妨害札です。HEROのショックやミラーのトリシューラ、リリーサーにアクセスするカードなど当てたいカードは山のようにあります。

しかし千葉までは3だったのですがクリフォートの流行とシャドールのメインライオウやリリーサーの具体的な回答にならなかった為レイピーでは2枚にしました。

現環境でクリフォートの影響でメインからサイクロンが搭載されている構築が多いためサイクロンを打たれない妨害としてヴェーラーにしました。

1チューナーとしても使える為ディサイシブやクラウソラスとシンクロすることでヴァルキュルスをケアしてワンキルなど前期同様の活躍をしてくれました。

クリフォート相手で引いてもモンスターなのでヴァルキュルスで消化できる妨害と言う点でも評価できます。



◇エクストラデッキの採用カード

ランク4は割愛させて頂きます。

[星態竜]
レイピーCSから採用しました。万華鏡でソラス+ヴァルで回せれば動けていた場合や重曹使用後のディーヴァでトリシューラとシンクロで出せばヴァルキュルスをケアできた場面があり投入しました。


[BF-星影のノートゥング]
ブリューナクの万華鏡要因と重曹+ディーヴァ+儀式2枚のワンキルパターンで使います。


[アーマー・カッパー]
キャットシャークが主流ですが引いた重曹を戦闘破壊無効効果のコストで消化できる点を考えこちらを選択しました。しかしHEROやヴェルズ戦で露骨に差が出てしまっていた為、今後はキャットシャークに変えるつもりです。


[聖光の宣告者]
試合の後半に使います。
自分のターン中にディーヴァから儀式カードを拾おうとする場合どうしても虹光を自爆しなくてはならず、重曹が切れた場合そもそも儀式カードにアクセスすらできません。調整中何度かディーヴァで即座に儀式にアクセスできず負けた試合や墓地から儀式を拾えれば捲れる試合があったので解決策として採用しました。

コストも1戦目のミラーでのサイクロンや墓地の儀式を拾える状況ならばそこまで重くはありません。


[ダイガスタ・フェニクス]
主にワンキル用です。


[神騎セイントレア]
ディーヴァから出てくるモンスターで1番打点が高く効果も協力です。重曹が効かないダークロウを突破することができ、重曹使用後の状況でもエクストリオやショックルーラーを突破したりと影霊衣の脅威となるモンスターを排除してくれます。










とりあえず簡単に回し方と採用理由だけパパッと書きましたー。


本当はもうちょっと本格的に書きたかったけど時間が無い(⌒-⌒; )


質問は随時Twitter(@seaarcher)などで受け付けてますんでご自由に。


コメントに書いて貰っても結構です。


今季終わったらもっとちゃんとしたの書きたいなぁ。


決勝1落ちばっかなんでそろそろ優勝したいですね( ̄▽ ̄)


また暇があれば更新します。


それじゃノシ


スポンサーサイト
川鶴CS | HOME | 影霊衣のパターンまとめ

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。